自分の手で花のブーケを作成します。

  • 池坊
  • 禅の学校の影響
  • エレガント将軍
  • リッカ(nageirebanaとシェパード)
  • Moribana
  • スカイ(人と土地)
  • アレンジメント-ミラーの伝統
  • 私の小さな花が私に教え光
  • フラワーアレンジメントの色
  • 生け花の建設の規則
  • 平家で植物を固定
  • 生け花の十戒
  • 配置の原則:
  • 調和性
  • アンビエンス
  • 非対称性
  • 表現力
  • バランス
  • 重さ
  • アクセント
  • コントラスト
  • テクスチャー
  • スペース
  • 背景
  • イルミネーション組成
  • 花を維持するための方法:
  • アルゴリズム
  • 有能zasushivat
  • 切り花の寿命
  • 花の鮮度を維持する
  • 植物のリスト:
  • フラワーアレンジメント用の花や植物
  • 基本的なルール
  • 学校
  • 草月スクール
  • 池坊学校:
  • 学校池坊について
  • 立花スタイル
  • スタイルセカ
  • スタイルシェパード
  • NageireとMoribana
  • 小原:
  • 学校大原について
  • の主な方向性
  • メソッド大原
  • スタイル小原流
  • Moribana:
  • 建物の基礎
  • アップライトスタイル
  • 斜体のスタイル
  • カスケーディング·スタイル
  • 垂直スタイル
  • ハイコントラスト
  • ヘイッキ:
  • 建物の基礎
  • アップライトスタイル
  • 斜体のスタイル
  • カスケーディング·スタイル
  • 垂直スタイル
  • ハイコントラスト
  • ディープスタイル
  • スタイルスモールフォーム
  • 景観構成
  • 色のダンス
  • 琳派のスタイル
  • 生け花での果物と野菜
  • フラワーアレンジメントの植物の象徴
  • 寄付花ET
  • 与えることを与えたりしないようにするには
  • 花占い
  • 植物とゾディアックの兆し
  • Aromomir:
  • フレグランスや気質
  • 季節の香り
  • 東洋ホロスコープ
  • 家庭用香水
  • 生け花の辞書:
  • 用語集
  • 生け花フラワー
  • ファンタジー生け花


  •  

    いけばな。

    あなた「いけばな」の東の魅惑的な世界! 「いけばなの歴史」では花束を作る東洋の芸術の基本的なスタイルや学校を開発する方法について読むことができます。

    生け花の指示にもかかわらず、さまざまな、まだ一般的な "三行の法則」、それがさまざまな方法で実現されているがあります。 花の寿命の東の延長配置の基本原則と方法について "配置の芸術を。"

    草月、池坊と大原 - - 生け花の3つの主要な学校とその機能は、あなたが「トップスクール」で学習します。 植物の魅力的な香りを隠す符号に応じて花束を作る方法を、花のオリエンタルなを与えるためにどのように? このすべては、セクション「現在の傾向」に記載されています。

    オリジナルの特別な行事のための曲のアイデアとあなたのための毎日の「生け花のギャラリー。 " 「植物のリスト」ではカラフルな写真で示され、300以上の植物の説明を見つけると、実用的なヒントは、調和のとれた構成を作成する方法を教えてくれ。

    池坊。

    - 花 "アイク"、 "命"と "カーン"を意味する:単語「生け花」は、2つの文字で構成されます。 多くの場合、「いけばな」は「花に新しい命を与えるため」または翻訳されている「色は自分自身を表現しましょう​​。 "

    日本は長い髪飾り、衣服用の花やハーブを使用するカスタムされている、、神道(神の道)に応じて、すべての教科で発見され死者と神の霊をprepodnosheniya。

    借りたのVI世紀の日本への仏教の出現と仏の花イメージで飾るの伝統を持つ。 このように、オリジナルのフラワーアレンジメントは、儀式の機能を持っていた仏教で採択された古代の儀式や寺院の供物(久下)に基づいて始まった。

    生け花の建設の規則。

    彼の前には約60センチメートル - あなたは右に配置された花や花瓶、トレイを配置し始める前に。 容器が近くに置かれたときにもちろん、生け花が彼らの配置として、すべての花を見て、まだ良いはるかに簡単であること、しかし、花瓶はもう少し置くことをお勧めします。

    それは、最終組成物の印象は、それを作成したときと同じになるように容器は、上記の目の高さであるべきであることを忘れてはならない。 作曲は何ターンを見に、最高の美しい枝を選択し、それが最も有利に見えます傾けるために、既存の植物材料のことから始まる。

    いかなる場合にも葉の可視」間違った側」であることを許可され、枝は薄くに厚くなければならない。 葉や花が重ならないようにしてください。 低船で使用される植物材料を修正するに見参。 これは、特定の方法で枝を強化:アップライトの下端によって彼女を保持しながら、ゆっくりと慎重に入れ墨で立ち往生した後、横に傾いた。

    生け花の十戒。

    生け花での主なもの - ラインの完成を通して、自然の形の反射ではなく、色や花の組み合わせ。 それも、同じ花で、世界の調和と自然の威厳を伝えることができる、花だけが正しく置く程度にその美しさを明らかにすることを忘れてはならない。

    配置への行き方、それぞれの花を備えたシャワーで話す。 最終結果は、落ち着いて作曲に集中するので、心配しないでください。 もちろん、あなたが植物の世話をする必要がありますが、美しいの作成の名の下に、組成物の最も基本的な要素の美しさを表現するために、余分な葉、花や小枝をカットすることを恐れてはいけない。

    構成内の要素の奇数または偶数に注意を払ってはいけません、それは、最も重要なことはそれほど重要ではありません - それはさ、調和とバランス。 そのようなヒノキ科クロベ属の常緑樹、シダと枝と葉は、フルフェイスまたはプロファイルに完全に配置することはできません。 彼らは、小さなパン、チルトを与えられるべきである。

    有能Zasushivat。

    葉や小枝が完全に水中に沈め、数時間のためにできる独立。 この手順では、彼らに強さを与え、より良いセキュリティを提供します。 ただし、プロセスを遅らせることは危険である - 植物が腐敗することができる。 、より高密度になる砂糖水のいくつかの作品で投げるために残します。 また、熱水(1:3)と枝グリセロール混合物を処理することをお勧めします。

    約2週間の溶液に入れ、10〜15インチの高さに沿って、このサイトではスプリットで、時にはノッチ付き掃除由来する。 高い温度は、混合物がより均一になり、吸収液に寄与する血管植物を、拡大する。 これは、定期的にそれが脱出に沿って上昇しているかを高い監視する必要がある。

    柔らかくて光沢のある葉となり、それらの色の変化をタッチします。 最後のグループは、淡黄褐色から暗褐色に変化する。 ここでは花屋は魅力的実験では、このような治療を行う驚きを待つことがあります。 2週間後、分岐が溶液から除去され、好ましくは暗所で、先端を垂らし。

    フラワーアレンジメントの色。

    生け花のさまざまな形態は、深い哲学的な意味で色の富に劣っていない。 グリーン春の化身であり、そこに生まれ、今年の初めとして、春の日されているため、同時に、東を象徴しています。 グリーンは、神秘的な青緑色を持つ惑星木星、関連付けられています。

    夏の色、南と火星 - 赤は火の縮図である。 白は秋を象徴する - 白米を成長させながら、それが金属(白熱灯)に対応し、それは西、月や金星の冷たい白い輝きに関連付けられています。

    今年の最も暗い時間 - 冬 - 暗い深海と少なくとも明るい惑星水星と、黒色に関連付けられています。 黄色(金色の)夏の終わりに関連する色、要素の生命を与える力のなりすまし、地球の象徴。 また、この色は、中心の考え方の実施形態であり、惑星土星に関連付けられています。

     









    ©2011 - Ikebana.tcoa.ru
    ソースへのサイトの材料基準を使用している場合!